太陽光発電の営業方法/農耕型営業がベスト


太陽光発電の営業方法でどの営業の遣り方が一番効率が
良いのか考えました、


私は、農耕型の営業方法が一番良いのかなと
思っています


農耕型営業の言うのは、一つの地域を決めて
そこだけを順々に訪問していく事です


良く聞きますが、ローラー作戦と称します
1>はしからはしまで耕す<挨拶訪問>
2>順番にたねをまく<商品説明>
3>水や肥料を与える<フォロー>
4>雑草を取る<競合対策>

このような、地味な作業を毎日繰り返す
移動時間が掛からない為に効率が良い


012759s.jpg


狩猟型営業とは紹介や顧客名簿にもとずいて
訪問する営業方法です


移動時間も掛かり効率が悪くなります
しかし営業に自信が有る営業マンなら
良いかも分かりませんが


太陽光発電の営業方法で基本的には農耕型営業を
考えた方が良いかと思います


営業マンは横着であっては駄目だと
思っています



汗を流してお客様以上に汗を流さないと
いけません

農耕型営業は、一件一件訪問するので
収穫まで時間が掛かります


しかし同じ地区から何度も収穫出来
効率が非常に良いです


良く読まれていますありがとうございます
モデル住宅で営業マンの考え方



私は、この地区を担当しています、
同じ地区をくるくる回っている
人工衛星見たいなものですので
声を掛けて下さい


この様な営業トークが言えるのです
posted by 初心者の飛び込み営業 at | 太陽光発電の営業手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る
アカデミー賞
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。