クレーム対応方法で注意する事


ダウンロード (1).jpg

クレーム対応方法ですが怒っているお客様は営業マンに
何らかの対応をしてくれると思っている事の表れです
その点を忘れてはいけません

クレーム対応方法色々と有りますが長引けば長引く程
厄介な事になりますので早く解決した方が良いかと思います

クレーム対応方法について書いていきます
1>顧客の気持ちを考え共感する
2>営業マン自身内容を再度確認する
3>顧客が何で怒っているのか再度認識する
4>顧客の一方的な言い分ならきちんと話す


クレーム対応方法4つの項目です
何故クレームが興ったのか原因を究明する必要が有ります

顧客の要望に添えない場合会社の規則方針を
具体的に説明します

この件に関しては私が対応します
今後何か問題があれば私に連絡下さい
きちんとお客様に言う


良く読まれていますありがとうございます
セールスマンお断りシールは関係なし


良くクレームをたらい回しにする人がいます
お客様は今以上に怒り問題は大きくなります
注意して下さい

クレーム対応方法が上手くいけば今以上の信頼関係が
出来チャンスになる場合も有ります

スポンサードリンク


posted by 初心者の飛び込み営業 at | クレーム対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る
アカデミー賞
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。