販売は断られた時から始まる営業マンの心得


販売は断られた時から始まる営業マンなら
一度は聞いた言葉だと思います

断られる事がいやと言う理由で営業職は
嫌がられる職種です

私は、今となっては、営業と言う仕事は断られる仕事と
割り切っていますので別に断られても全く動じませんが
断られるのがいやと言う営業マンはどうすれば良いでしょうか

飛び込み営業で断られない営業なんか絶対に無理ですから
私の場合は1日100〜150件飛び込み営業をしています
100X20X12X30=70万件以上新規の顧客に
飛び込んでいますので当たり前と思っています

販売は断られた時から始まる話は聴くが
中々実践出来ず困っている営業マンは多いです


ダウンロード (15).jpg

ではどうすれば良いでしょうか?

私の場合ですが、断られたらどうしようとは
考え無いのです

断られる仕事ですから((笑い))


良く読まれていますありがとうございます
売れる営業マンの心得=反省が出来る

私は、お客様に訪問して
間に合ってる
要らない
時間が無い

言われた場合、さっさと
出て行きますので断られた感覚有りません

ここは、と言うお客様には徹底的にアプローチをして
契約に繋げます

販売は断られた時から始まる
そうです、1回目は、挨拶程度2回目で顔を覚えて貰う
私は、7回同じお客様に訪問します
データーで2回目の訪問は50%それ以後の訪問は
O%です、

契約取れないという営業マンは、1回目の訪問
ないし2回目の訪問で諦めている傾向が有ります
最低3回は訪問して下さい。契約率は必ず上がります

断りに強くなる為には、訪問件数を今までの
倍の件数を訪問して下さい
断られて当たり前と思います


ひょとすると訪問件数が少ない事が
原因かも分かりません

スポンサードリンク


posted by 初心者の飛び込み営業 at | 売り上げを上げる為の戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る
アカデミー賞
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。